⽝と暮らす。。。愛⽝家と⽝の専⾨家の出会いの場を提供する、 獣医師監修のサイトです 

Life with My Dog 犬と暮らす

犬との関係

犬との関係

厳選した⽝の記事を、7つのジャンルに分けています。
タブをクリックして、関⼼のあるジャンルからお楽しみください。

019 犬にもお葬式を出す時icon_new

犬がいつかは死んでしまったら…ペットロスとどう付き合おうか等は考えますが、初めての犬を送るとき、実際にすべきことは知っていますか?お葬式は人間と同じようにするのか?どこが同じで違うのだろうか。自分のすることを知っておきませんか。

もっと読みたい人はこちら!

018 愛犬が顔を舐める時は注意を!

愛犬が顔をペロペロと愛情表現。嬉しいけれどちょっと待って!犬の唾液には人体に害を及ぼす菌がたくさん…傷口を愛犬に舐めさせた飼い主が死に至ったケースまであるんですよ。どう注意していくのがいいでしょう。

もっと読みたい人はこちら!

017 犬を捨てる理由〜後半

日本では犬を捨てる理由として、一番は高齢になった親が面倒を見きれなくなった場合、その次に多いのが咬む犬。そして経済的な問題だといいます。犬を迎える時、楽しい時だけでなく困ったこともおきます。その時どうやって私は解決するのか?まで考えることが第1歩ではないでしょうか。

もっと読みたい人はこちら!

016 子供が動物と触れ合うことで何が起きる

子供が玩具よりも、生きた子犬などに自然と関心を向ける感受性。それがそのまま他の生命を自らの環境のバロメーターとして役立てる能力へと繫がります。それの意味することとは?動物が苦しんでいると、自分もその環境で居心地が悪い、と感じることができる子供を育んでいくことが必要なのです。

もっと読みたい人はこちら!

015 犬を捨てる理由〜外国と日本

犬を捨てる理由は、オーストラリアもカナダの例も日本と大差はありません。その中で日本で目立ってきているのは高齢者が飼いきれなくなって、その親族の誰も引き取れない事由。犬を迎える時、その寿命が15年としてそこまで想定できているでしょうか。

もっと読みたい人はこちら!

014 留守番できない分離不安、その定義を知っていますか?

飼い主が出かけると吠え続けたり破壊したり…これは全て分離不安かと思うと単に退屈していただけの場合もあるらしい。分離不安かどうかは飼い主が出かけた10分後も心配な行動をしている場合は疑いがあるそうです。分離不安とはどのような症状なのでしょう。

もっと読みたい人はこちら!

013 万が一の時、愛犬に遺すもの、遺す方法

保健所に犬が持ち込まれる理由の上位にあるのが、飼い主がペットを残して亡くなってしまったり、医療施設に入らなくてはいけなくなった場合です。自分に万が一のことがあったときのためにできること。緊急連絡カードの作成、愛犬の情報を書いたノート、託す相手を探しておくこと…

もっと読みたい人はこちら!

012 学校犬 動物介在教育が行われて

登校すると、大型犬が3頭いる。このような動物介在教育が行われている杉並区の学校では、不登校の生徒が再び登校するようになるなど、子どもたちに様々な明るい変化をもたらしています。

もっと読みたい人はこちら!

011 子供は必ずしも動物との正しい接し方を知っていない。

子供同士と同じ遊びをしたり、犬を抱きしめたり。食べている時の犬にちょっかいを出す。これらはすべて子供が決して犬にはしていけないことです。子供と犬の事故を避けるために大人がすべきことを考えましょう。

もっと読みたい人はこちら!

011 譲渡から出戻りも想定内!新潟県動物愛護センターの取り組み

犬猫の殺処分より譲渡数が上回る新潟県。譲渡後のアフターフォローも手厚く、新しい家でトライアルしていても、戻したほうがいいと判断したら1ヶ月以内なら出戻りもあり、としているそうです。家族みんなの幸せを優先した取り組みです。

もっと読みたい人はこちら!

010 死後も飼い犬が心配なく飼育されるためのペット信託

自分にもしものことがあっても、愛犬が変わりなく暮らしてほしい。そんな心配に答えてくれるのが、「ペット信託」。自分の死後、愛犬の飼育をしてくれる人を決めておき、あらかじめ飼育費用を負担しておくシステムです。

もっと読みたい人はこちら!

009 「犬の国勢調査」

アイリス社が、940名を対象として行った犬の飼育に関する調査。11歳以上の犬が増加。飼育の悩みに関しては「留守番」、「吠え」が上位に来ました。このサイトの「犬と暮らすための知識」に情報を揃えていますので、ご覧になってみてください。

もっと読みたい人はこちら!

008 犬、撫でてもいいですか?icon_new

この犬は触っても大丈夫だろう。噛まれないだろうと思っている人は大勢います。 自分の犬が誰でも大丈夫ではないならば、「犬、撫でてもいいですか?」と言われた時、聞いてくださってありがとうございます。ちょっと苦手なんです、ごめんなさい。そう言えるようでいたいですね。

もっと読みたい人はこちら!

007 子供を勇気づけ、親をなぐさめるファシリティドッグの力

毎日同じ病室とベッド、繰り返される痛い注射や検査。入院している子供達にとって辛いことばかりの病院に、ワンちゃんがやってくる。子供たちを応援するために。ワンちゃんがいるから頑張れる子供たちの笑顔を見たくありませんか?

もっと読みたい人はこちら!

006 犬の生活を維持するための『10の項目』

犬を迎えるなら、必ず押さえたい大切な10の項目。健全な繁殖によって遺伝子上の問題無く生まれた犬なのか。健康な生活を送れるか、人間の生活環境の中で生活することを早くから学んでいるか…一つ一つ意味を考えたいです。

もっと読みたい人はこちら!

005 アニマルプラクティショナーの役目

バッチフラワーレメディーは、環境改善やトレーニングなどと併用されることで相乗効果を狙います。大事なのは、飼い主と愛犬の関係。擬人化せずに客観的な視点を持つことです。

もっと読みたい人はこちら!

004 災害時「同行避難」「同伴避難」の違い

もし災害が起きた時、愛犬と一緒に避難所に行けるのだろうか。ご自身の地域を調べてください。「同行」避難ですか?「同伴」避難ですか?避難所の中まで入れるのは「同伴」避難です。

もっと読みたい人はこちら!

003 そっとしておいてね。イエロードッグプロジェクト

すべての犬が、人も犬も大好き!とは限りません。警戒心が強い犬、リハビリ中の犬。黄色いリポンをつけてお散歩している犬がいたら、それはそっとしておいてね。という合図。それがイエロードッグプロジェクトです。

もっと読みたい人はこちら!

002 ペットロス

ペットロスとは、ペットの喪失体験。あまりにも愛犬を可愛がりすぎるからといって警戒すべきものなのでしょうか。気持ちの整理は人それぞれ。過度に心配するよりも悲しみの向こうにあるものに目を向けませんか。

もっと読みたい人はこちら!

001 セラピー犬ってなに?

セラピー犬は盲導犬などのように法律で定義されている犬の仕事ではありません。訪問活動等を飼い主と一緒にやるボランティア犬です。幸せな家庭犬が、時々飼い主と一緒に病院や学校等を訪問し、レクリエーション、治療、教育等々のお手伝いをする。

もっと読みたい人はこちら!

 
Copyright © Life with My Dog 犬と暮らす