⽝と暮らす。。。愛⽝家と⽝の専⾨家の出会いの場を提供する、 獣医師監修のサイトです 

Life with My Dog 犬と暮らす

犬を迎える

厳選した⽝の記事を、7つのジャンルに分けています。
タブをクリックして、関⼼のあるジャンルからお楽しみください。

013 飼いやすい大型犬icon_new

小型犬ブームが続きますが、「一度は大型犬を」という人も少なくないでしょう。大型犬を迎える覚悟は散歩時間や食費や医療費など大切なポイントがあります。飼いやすい大型犬とは?なぜそう言われるのでしょう。リンクに飛ぶ前に、犬種の他に個体差もあることをお忘れなく!

もっと読みたい人はこちら!

012 チワワ、トイプードルが人気犬種の裏側に

可愛いくて飼いやすいことから人気トップのチワワとトイプードル。一方で人気は残念ながら売る側には商品としての見方しかさせなくなり、飼う側には命を飼う覚悟のハードルを下げてしまうと言います。どういうことなのか、わかりやすく解説して居ます。

もっと読みたい人はこちら!

011 未来の介助犬、ディズニーで似顔絵に挑戦

将来介助犬になる子犬を迎えて育てるパピーウォーカー。ある日パピーが、賑やかな環境でじっとしている訓練でディズニーランドで似顔絵に挑戦。見事じっとしていたそうです。期限付きの飼育ですが、パピーウォーカーはやりがいがありますね。

もっと読みたい人はこちら!

010 家付捨て犬から、別荘通いのお嬢様犬に

ある日、犬小屋に家財道具一式と一緒に炎天下に捨てられていた犬。その後犬を迎えたいけれど断られ続けていたある飼い主さんの元へ縁あって迎えられた今。別荘に通うお嬢様犬になったシンデレラストーリー。

もっと読みたい人はこちら!

009 アレルギーだと犬を飼っちゃいけないの?

犬を迎えたい!でもアレルギーがあるから諦めないといけないのか。 その前に… まずはアレルギーテストで特定をしましょう。アレルギーがあっても居住スペースに工夫したり、こまめな掃除や犬のシャンプーなどの工夫で、完全に諦める必要がないかもしれません。

もっと読みたい人はこちら!

008 …というか、飼えません、だって命じゃないですか!

TVでよくある企画。芸人に子犬と2週間生活してもらい、面白可愛い様子をレポート。さあ、期限が来た。当然これからも飼うんでしょう?という企画側に芸人は叫んだ。ただ可愛いだけではない、命に対する真の責任を学んだ芸人さんの真摯さが伝わってきます。

もっと読みたい人はこちら!

007 キャリアチェンジ犬

キャリアチェンジ犬は、盲導犬の他にも聴導犬など他にもあります。聴導犬とは、耳の不自由な方を助ける犬で、小型犬が多いです。訓練を受けた結果聴導犬にはならなかった犬が、ペットとして一定の条件で譲渡されます。

もっと読みたい人はこちら!

006 共働きですが犬を迎えたい

共働きですが、仔犬を迎えたいです。でも仔犬は大変だと知人から聞きました。という相談トピックスに経験者の回答です。仔犬は長い留守番中、事故をが起きても気づけません。仔犬でないとダメですか?成犬を迎えました。その方がよかったです、という経験者の声が集まりました。

もっと読みたい人はこちら!

005 吠える、咬みつく、などの問題が起きないようにしたいなら

犬が吠える、咬みつく、なつかない。そんな悩みの原因はもしかしたら8週齢に満たない仔犬の時期に「流通」ルートに乗せられたからかもしれません。母犬のもとで社会化を充分しつけられないまま生育してしまった可能性があると言われています。

もっと読みたい人はこちら!

004 ペットショップの仔犬はどこから – 犬流通の仕組み

ブリーダーの元で生まれた仔犬の多くは、いくつかの流通プロセスを経て飼い主の元にやってきます。しかし、残念なことにその途中で命果てる仔犬もいると言います。ペットショップにいる仔犬が生後2ヶ月くらいなら、その仔は心身の健康が母犬によって育まれる前に離されたことになります。

もっと読みたい人はこちら!

003 犬を飼うって素敵です ー か?

犬を飼っているお友達や憧れのセレブ、素敵。家も犬を飼おう!と思って仔犬を迎えたある家族。憧れの生活と現実は違った!…でも最後に胸に暖かく残ったものとは。

もっと読みたい人はこちら!

002 パピーウォーカー

街を歩くと、盲導犬始め様々なお仕事を持つ犬がいます。この犬たちは、子犬の時にボランティアさんの元で一般の家庭犬として育てられます。このボランティアさんをパピーウォーカーと言います。どんな応募資格があるのでしょう。

もっと読みたい人はこちら!

001 キャリアチェンジ犬

キャリアチェンジ犬は、盲導犬の他にも聴導犬など他にもあります。聴導犬とは、耳の不自由な方を助ける犬で、小型犬が多いです。訓練を受けた結果聴導犬にはならなかった犬が、ペットとして一定の条件で譲渡されます。

もっと読みたい人はこちら!


記事掲載の自薦他薦はこちらにメールを!>>>
犬の生体販売、体罰による訓練に関わっているサイトの記事はお断りをいたしますことをご了承ください。
Copyright © Life with My Dog 犬と暮らす