⽝と暮らす。。。愛⽝家と⽝の専⾨家の出会いの場を提供する、 獣医師監修のサイトです 

Life with My Dog 犬と暮らす

犬の困った!助けて!

犬の困った!助けて!

犬と暮らすと、楽しいことやホッコリする…   ことばかりではありませんよね。

あなたは今、何に困っていて、助けて!と思っていますか? 何だか大変!こんなに犬と暮らすことが大変だったなんて!
と思っていますか?  あるいは、こんなはずじゃなかった…生活がすっかり一変してしまった!と感じていますか?

ここでは、犬の行動からくる、困った、助けて! に少しでも役に立てるよう、助けになるよう、できる限りのことをしたい。 そう願って情報をご紹介したいと思っています。

とはいえ、多くがヒントや予防策に止まります。それは、飼い主さんが「困った!」と悩む犬の行動、「問題行動」の原因や解決策はネット検索や犬仲間の情報などで特定することは困難だからです。

だからこそ、このサイトでは、犬のプロを探すことができる検索エンジンを提供しています。
その前に、まず飼い主さんにできることをご紹介し、効果的な検索に役立てるために、いくつか「問題行動」について説明をします。

「問題行動」とは

しつけを一生懸命していても、家庭犬が人間の社会生活に適合するために必要とされるマナーから逸脱した行為をしてしまう。これを「問題行動」と総称します。犬の目線でみた「問題」ではなく、人間の側の都合からくる「問題」なわけです。
そのため「問題行動」は時として、犬として正常で当たり前の行動(本能からすると問題ではない行動)であることもあります。一方で犬の健康問題、トラウマ、あるいはストレスなど犬の方から考えても問題である場合もあります。 こんな風にその問題が起きる原因は多岐にわたります。

ここでは、よくある「問題行動」をあげて考えてみたいと思います。

1. なかなかトイレで排泄できない。

しつけでまず直面する悩み、トイレのトレーニングは、初めての飼い主さんも、何匹も犬を飼っている人も同じです。犬にはそれぞれ個体差があります。
その犬の個性を丸ごと引き受ける中の一つとして、必ずできるようになると信じて根気よくしつけをしましょう。
詳しくは前章「犬を迎えてから」の「トイレのしつけ」をご参照ください。

2. 食糞(ウンチを食べる)

初めて可愛い愛犬がウンチを食べてしまうのを目撃した時、誰しもショックを受けるものです。
実は犬の本能からすると、それほど異常なことではないのと、自分のウンチを食べる分には健康上の問題もないのです。

とはいえ、人間社会において、愛犬が食糞をしてしまうのは違和感があるものでしょう。
また、散歩中に放置してあった愛犬のではないウンチを食べてしまったら、そこから病気がうつる可能性があります。ですので、食糞をしないように躾けることはとても大事です。

食糞を防ぐ解決方法

  • 騒がない。飼い主さんが叫ぶと、犬は喜んでいると勘違いして、またやろうと思ってしまう場合があります。逆に取り上げられると思って急いで飲み込んでしまう事も多いです。 トイレのしつけと同じです。決して大声を出さない、無反応でいきましょう。
  • 叱らない。トイレのしつけと同じです。犬には「ウンチを食べたから、叱られる」は複雑すぎてわかりません。それより、何かをするといいことがある、の方が犬は理解します。
  • ウンチを飼い主さんの見ている前でする→拾ってもらう→いいことがある!のサイクルを作る。愛犬がウンチしたら、すぐ褒めて、すぐに片付けましょう。ウンチを拾わないで放置することは食糞がなかなか治らない一因になります。
    ※ 注意事項 ただし愛犬とウンチの争奪戦にならないように!
  • サプリなどに頼る。仕事で留守がち。すぐにウンチを拾えない場合もあります。いくつか食糞防止のサプリがあります。試してみて治ることもあります。
  • ストレス管理。お散歩は十分ですか?暇を持て余していませんか?  フードが少なすぎることはありませんか?犬にストレスが溜まっていないかチェックしてみましょう。 何もすることがないと、何でもおもちゃにしてしまうのが犬です。それが糞でも、遊びとして口にするのが食糞の始まりのこともあります。長時間かじれるおもちゃなど、愛犬にお仕事を与えましょう。

3. 部屋にあるものに悪戯する、かじる

歯が生え代わりの子犬の時は、家具の脚などをかじられて傷だらけになります。これは子犬から迎えよう、と思った時にある程度覚悟をしないとならないとも言えます。

まず環境を整えること。犬にしてみれば目の前にあるものはすべておもちゃですから、かじってほしくないものは届かないところに避難させましょう。子犬のいる家のゴミ箱は棚の上が常識です。

避難できないものは苦味スプレーを毎日かける・何かでガードする・その前に何かを置くなど物理的障害を設けます。

それでも歯が生え変わる時、子犬は歯茎が痒くて痒くて我慢ができません。
必ずかじってよい安全な玩具をあげましょう。
玩具は、飼い主さんの目がとどくところで遊ばせ、誤飲がないように気をつけてください。
そして一番肝心なのは かじってよいおもちゃで遊んでいる時にほめて
一緒に遊んであげることです。 人はつい、よいことをしていると何もせず、悪いことをしていると犬に注意を向け構うことになります。それでは、かじってほしくないものをかじることを教えているようなものです。 かじってよいおもちゃで遊んでいる時に注意を向け、時には一緒に遊んであげましょう。

6ヶ月を過ぎ大人の歯に生え変われば、痒い原因が収まって行動も落ちつくことも多いです。でも油断大敵。2歳ごろまでは犬はかじるものと思って過ごしましょう。

4. 吠え過ぎて困る

しつけの中でも悩ましいと思いがちですが、そもそも犬は吠える動物です。
特に、狩猟犬のように犬種によっては、響き渡る声で吠えることを仕事として交配されてきた犬にとっては、「何が悪いの?」というところでしょう。
とはいえ犬が吠えて近所迷惑になる。これは時として深刻な悩みに発展します。

犬は理由があって吠えます。
嬉しくて吠えることもあれば警戒して吠えることもあります。多少吠えてもそれは認めるべきですが、過度にならないように注意するためには、吠え続けてもいいことは起きない、のサイクルを作るようにしてみてください。

来客中、おしゃべりしていても、サークルの中から愛犬が吠え続ける。つい気になって出して抱っこしてしまう。
これでは「吠えれば自分に注目して、出してくれる」というサイクルが出来上がってしまいますね。

犬が過度に吠えないようコントロールするのは、素人だけでは難しい場合が多いです。ある程度手に負えない時は、早めにトレーナーなど専門家に相談しましょう。決してショックチェーンや声帯切除などの体罰手段はとらないでください。

体罰については、詳しいコラム「なぜ専門家は罰を使ってしつけないのか」がありますのでぜひご一読ください。

5. 破壊行為

家の中のものをかじって壊す。クッションやベッドを破って中の綿を全部出してしまう… 愛犬がこれらの破壊行為をすると困りますね。しつけをどうしましょう!
原因の一つとして考えられるのが、エネルギー発散不足です。

若い犬であれば運動不足などでエネルギーを充分に発散できておらず、破壊行為に走ることもあるかもしれません。

十分なお散歩をさせ、家にいるときもおもちゃなどで遊んであげましょう。犬を十分に走らせることができる「もってこい」遊びは最適です。

またどうしても留守番させる時間が長い場合は噛むおもちゃ(コングなど)をあげてもいいでしょう。玩具をうまく使いこなすといいですよ。

部屋の中の愛犬の居場所、レイアウトは十分な広さですか?
また、家にいても時々ベランダなどに出してあげることでも、犬の脳に刺激を与えることができて、リフレッシュになります。

6. お留守番ができない

「分離不安」とは、飼い主さんへの依存が高いために、犬が留守番中に長い時間吠え続けたり、普段はトイレでできるのに不適切な排泄をしたり、家の中にあるものを壊すことを指します。

「分離不安」になってしまった場合は、専門家に相談することをお勧めします。
特に行動治療の獣医師に相談することをお勧めします。

ここでは予防するために、初めからお留守番上手にするヒントをご紹介します。

留守番上手にするために
愛犬を置いて留守するとき、心が痛むあまりすまない気持ちになっていませんか?
帰ってくるなり愛犬に駆け寄り、「今帰った」「ごめんなさい」などと謝ってはいないでしょうか。

実は、これらの態度や行動は分離不安を促進している可能性があります。
大好きな飼い主さんが申し訳ない気持ちや、離れたくないと未練たっぷりでいると、そのまま愛犬に通じてしまいます。

「飼い主さんが出かけるのは、自分に対して申し訳ないこと。」
犬は、そこからくるストレスを解消したくなって吠え続けたり、周囲のものを破壊したり。そんな行動に走ってしまっている可能性があります。

このようなサイクルを作らないために、次のことを実行してみてください。

  • 出かける準備を始める頃から愛犬には構わず、淡々と準備する
  • さっと背を向けて、黙って出掛ける
  • 帰宅したら最初の15分くらいは声もかけず、犬と目を合わせずに荷物を片付けたり着替えたりしましょう
  • 15分ほどしたら、穏やかに犬と接し、いつも通りにします

心の中では「お留守番ごめん」と思っていても、例外なくやり抜きましょう。
「飼い主さんが出かけるのは悪いことではない」と、犬もお留守番ができれば、お互いがハッピーですね。

「分離不安」についてさらに詳しいことは、犬の分離不安について、をどうぞ。>>>

7. 音を怖がる

大きな音が怖い。
代表的なものが、雷です。雷にはじまり、大きな音に反応してふるえる、よだれが出る、などその反応の度合いは犬ごとに個体差があります。

サンダーシャツという体をすっぽり包む服で少し怖がらなくなることもありますが、音を怖がる犬は、代替療法などの専門家に相談してアドバイスを得ることが一番です。

また、パニックになってしまう場合は、行動治療の獣医師に相談することも考慮してみましょう。

8. お散歩で引っ張る、歩かない、拾い食い

犬を飼ったらお散歩に出かける。お行儀よく自分の横を歩く犬と一緒にさっそうと歩く自分を想像していたのに… なんでこうなの!?

グイグイと自分に構わず引っ張って進む愛犬。すぐに道路にあるものを食べちゃう!あるいは、座り込んで、微動だにしない愛犬。さあ困った!

なぜこんなことが起きるかといえば、犬にどうやって散歩して欲しいかを教えていないからです。格好よくお散歩しているワンちゃんたちは、ちゃんと飼い主さんからお散歩のしかたを教わっているのです。 教えていないのにできない!と言って犬のせいにしないでくださいね。

犬に引っ張られると格好悪いだけでなく、大型犬なら危険ですし、飼い主さんが腱鞘炎や腰痛になってしまう事にもなりかねません。小型犬だからといって飼い主さんが引っ張り返していると、愛犬が頸椎や背骨を痛めてしまう危険性もあります。

犬は前へ進みたい方向へグイグイ行きます。そのまま飼い主さんがついてくれば、それでいいとなってしまうわけです。
また、飼い主さんが引っ張られまいと引っ張り返すと、犬はさらに引っ張ります。
犬と歩くときに、リードを張らないよう、軽くゆるめましょう。それでも犬がグイグイと引っ張って進んだときは、引っ張り返さないで止まります。
そのうち犬が、あれ?と引っ張るのをはめてリードが緩んだら、褒めてゆっくり歩き始めます。

これを繰り返すことで、犬の引っ張りが改善されるまで根気よく続けてみてください。

それでも頑固な引っ張りが治らないときは、ドッグトレーナーやテリントンTタッチなどプロの助けに頼りながら、飼い主さんがスキルを身につけていくことをお勧めします。

拾い食いする犬、または動こうとしない犬にはトリーツを使って飼い主さんにアテンションが行くようにするのがオススメです。
道路だけを見てなんでも口に入れるより、飼い主さんの手に美味しそうなものがあるぞ!
飼い主さんについて歩けば、美味しいものが貰えるわ!と誘導するのです。

これもなかなか高度なテクニックです。
やはり、プロの助けを借りることで上手に愛犬を誘導するテクニックを身につけたいものです。

9. 他の人や動物にむやみに吠えかかる、あるいは極度に怖がる

しつけの中でもなかなか難しい…ここでは、「社会性に著しく問題がある」犬を指します。
他の人や動物を見ると、うなる、むやみに吠える、飛びかかる。

他の人や動物を見ると、むやみに吠える、飛びかかる。これは子犬時代の社会化期に学ぶことができなかったため、人や犬にどのように接したらよいかわからない犬によく見られる行動です。
正反対に、極端に他の人や動物を怖がる。クレートなどの奥で丸くなって出てこない犬も同様です。

基本的な「社会性」は犬の個体差にもより、過去からくるトラウマ、幼少期のいつ母犬から離されたのかなど、原因は様々です。

子犬が母犬や兄弟犬と生後60日まで一緒にいることの重要性は前章の「犬を迎える選択肢」でも説明しましたが、一方で幼犬時代をはじめとした過去の経緯やトラウマだけが原因と特定できない場合もあります。

犬の社会性からくる問題行動は個体差、飼い主さんとの関係性など、様々な原因が考えられます。
過剰な攻撃性や怯えの解決は、専門家に相談することを一番お勧めします。

10.咬みつく

咬みつく問題は、前の「社会性に問題がある」とも深い関連性があります。人や他の動物に「攻撃的」なまでに吠える、飛びかかり、もし止めないと咬みつく。

子犬時代の甘噛みから、流血、それ以上の大怪我となる本気咬みまで。
この問題は早いうちに手を打つことで、飼い主さんや家族への危険に加えて、他の人や動物に危害を加える恐れも食い止めることができます。
遊びの甘噛と思っていたら実は本気の攻撃だったということが往々にしてあります。

予防策として前章の「咬傷事故を防ぐために」をご一読ください。

「咬みつく」原因は様々です。これこそ自己流や周囲の情報に頼るよりも、一刻も早いうちに専門家に相談することをお勧めします。
この問題は悪化することこそあれ自然によくなることは決してありません。
初めてこの問題が起きた時から相談するまでの時間の長短が、よい方向に向かうか否かの鍵になります。

まず相談するという第1歩をぜひ踏み出してください。

★犬の「困った!たすけて!」は、ここでは挙げきれないほどいろいろあるとおもいます。
それに対するいろいろな情報もたくさん流れています。
でも解決法は、人と犬というペア、ペアごとに違ってきます。
犬友達の犬がその方法でよくなっても、あなたとあなたの犬には別の方法が必要かもしれません。

だから悩んでいるより「専門家のアドバイスを受ける」方が 絶対に近道です!
では誰にアドバイスを受ければよいか・・・このサイトはそのためのマッチングサイトです♪

詳しくは、「プロに相談」をご覧ください。>>>

■他の記事へ

犬は人間と違う 犬を迎える前 犬を迎えてから 犬の健康管理 犬の困った!助けて! 犬ともっと楽しく 老犬介護


Copyright © Life with My Dog 犬と暮らす